LOMILWA - ロミルワ

よくわからなくても3歩先まで見渡そう。
光学機器を面白く使うための考察と実験の記録。
日食
日食の日。

昨日はものすごい大雨だったのだけれども、朝かは少し日も差す程度の天気になって、なんとか観測はできそうだった。

かけはじめ
かなりかけました

子どもが学校に俳句教室に出かけて、そのまま校庭で日食観察するというのでそれにあわせて校庭で観測することにした。

写真で撮影するくらいでいいだろうと思っていたのだが、やはり、朝になって、急遽、観測箱をつくることにした。
コーラの缶をつかってピンホールをつくり、アマゾンの空き箱を2つ連結してつくった。これくらいの長さがあれば、少しは大きく見えるだろう。
ピンホール
観測箱

かけはじめのころは結構雲が切れていたのだけれども、食が進むにつれてどうも雲が厚くなってきた。雲のせいで減光されたので、普通の遮光板では見ることができず、遮光板を手にまっていた子供たちは少々あきてきた感じだ。
そこに、観測箱をもっていったものだから、一瞬行列ができるほどの人気を博して、ちょっと嬉しくもなっていたが、光が弱いと観測箱でも、くっきり見えない。
観測箱の中

さて、肝心の写真のほうは、雲による減光のおかげで、300mmだとフィルターなしでも撮影可能なほどだった。135mmではND400をつけて撮影。
しかし、雲が厚くなっtり薄くなったりするので、なかなか露出調整が難しい。
雲が。。。
最大のころ

ND400を通してみると、普通なら太陽はまぶしすぎるのだが、今日くらい減光しているとちょうどよく見えた。
ふと、気づくとフィルタに反射した太陽もなかなかよくみえる。
フィルタに反射
反射した日食

まあ、子どものころから日食の観測にはあこがれてきたが、結構楽しめたかな?

【2009.07.22 Wednesday 12:44】 author : | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | -
日食の準備
日食まであと3日。
光学系を扱うなら、やっぱり日食は撮影したい。

とりあえず肉眼観測用に東急ハンズでサングラスを買ってきたのだけど、それは子どもがどうしても使いたいというので、譲ってやった。
一緒に見ようと思っていたのだが、なにやら22日は学校で俳句教室なるものがあるらしい。で、その後にみんなで観測するそうだ。

サングラスはとられてしまったのだけれど、片付けてあった箱を発掘して、昔々、20年以上前にvixenの反射赤道儀を自転車の後ろに積んで走り回ってたころ使っていた、望遠鏡のアイピースにはめ込むサングラスを引っ張り出してみた。

サングラス

しかし、これで太陽を覗いてみたら、なんと太陽が2つに見える。
グラスが浮いて反射してるのか、それとも、乱視になったのかと思いながら、まあ、肉眼でみるのはこんなもんでいいか、と思って、それはそれでよしとした。

さて、撮影のほうである。

長時間露出用に持っていたND400があるので、このND400のフィルターとND4を重ねて使えば大丈夫だろう。

NDフィルター

ちなみに、どれくらい減光するのかな?と思い、肉眼でフィルターごしに太陽を覗くと、まだ十分まぶしかった。視界に目玉焼きができた。
撮影ならいいかなと思ってとりつけてみたが、絞り32で2000分1で切って、こんな感じだ。

太陽

なんだかタンパク?

そういえば、中学校の夏休みに、その反射望遠鏡をつかって太陽像を直径10cmくらいに映し出して、太陽黒点の記録を40日間つけたっけなー。

22日は天気予報はイマイチの予測だが、なんとかがんばって晴れてホシイものである。今まで見た最高の部分食でも30%くらいだったので、80%以上欠ける今回、いったいどんな天体ショーを見せてくれるのか、たいへんな楽しみである。
【2009.07.20 Monday 03:23】 author : | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | -
お宝?写真発見!
実はかれこれ6〜7年前、顕微鏡写真がどうしても撮りたくて、ビクセンの顕微鏡を買ってもっていた。当時は少々はぶりも良かったので、このころ買った機材が今も役に立っている。
さて、当時はまだ一眼のデジカメなんてもっていなかったので、撮影に使ったのは、QV-2900Uというカメラ。これが顕微鏡に接続すると、なんとも視野が狭くて撮りにくい。おまけに撮った画像も想像していたものと違ってイマイチぱっとしないのだ。
顕微鏡写真
↑血液の写真

何をどうしてそんなことを思い出したのか、ふと、「今のEOSに接続すればもっといい写真がとれるんじゃないか?」と思って、早速顕微鏡を引っ張りだしてきた。ところが、6〜7年前から少なくとも2回は模様替えをしていて、顕微鏡も古いデジカメもあるのに肝心のカメラマウントがない。接続リングはEOS用を買うとして2000円程度だとしても、マウントはどうも1万円くらいするようだ。絶対にある。そう思って部屋のあちこちを探し始めた。

すると、カメラマウントは発見できなかったが古い写真がでてきた。
小学6年の頃に親父の二眼で撮った記憶があるので、かれこれ30年前の写真である。
あさかぜ1
あさかぜ2

「あさかぜ」だ。まだEF65が引いている。うひょー、なつかしー!

ちなみに、あさかぜは4年前にも撮影している。
あさかぜ2004
6年生の時のほうが撮るのウマイじゃん、とか想いながら。。。

さて肝心のカメラマウントは発見できないままだが、なんとしても発見したい。大概のものはどこにしまったか覚えているし、箱の中のものはわからなくならないように箱の中身をメモ書きして箱の表に貼っているほどなのだが、このマウントだけはどうしても思い出せない。

また暇を見つけて探してみよう。

【2009.02.17 Tuesday 02:21】 author : | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | -
三脚バッグ
原付で撮影にひょろっと出かけられるように三脚バッグを買った。
これまでは、スチール撮影でも動画でもなんだかんだと詰め込んだカメラバッグを抱えて出かけていたので、車がメイン。でも、F1で電車の撮影をするなら、三脚とカメラだけでいいじゃん、と思って、三脚バッグを買うことにした。これなら、小さいカメラサイズのカメラバッグと三脚バッグの2つをたすきにかけて、原チャリでちょろろと撮影にでかけられる。ちょっとした空き時間にささっと動けるのは便利だ。

SLIKの814proを使っているので、#1660にした。
http://www.slik.com/acc/4906752221198.html
三脚のサイズと比べると、ちょっと大きい。
カメラバッグと一体になってればなー、とちょと思った。

【2009.02.11 Wednesday 17:31】 author : | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP