LOMILWA - ロミルワ

よくわからなくても3歩先まで見渡そう。
光学機器を面白く使うための考察と実験の記録。
ピンホールカメラ
かねてからやってみようと思っていたピンホールカメラに挑戦してみた。
EOSのボディキャップに穴を5mmくらいの穴を開けて、その上に、アルミ缶から切り出したアルミ板を張り付けた。

キャップに穴 キャップに

最初に開けた穴は、0.5mmくらいだったが、それで撮影すると、

ピンぼけだ

なんだかピンぼけ。穴が大きすぎたか。
そう思って、ピンバイスで穴をあけるのをやめて、安全ピンの針でちょこんとちょっとだけ刺してみた。

上のほうの穴です

今度は大丈夫そうだ。

ok

ちなみに、ファインダーの中はすごくくらくて、かすかに形がわかる程度だが、プログラムで撮影できる。
窓から試写に満足して、表の道路にでてとってみた。
すると、今度はうまくいかない。

ファインダが ファインダーをふさぐ

どうした?と思ったが、どうも、あまりに暗い場合は、ファインダーから入り込む光で露出計算がうまくいかないようだ。それで、ファインダーを塞いで撮影すると、それなりにとれた。シャッタースピードは、0.3秒くらいなので、三脚で撮影している。

ゴミが 遠くのほうがピントがあう 

その他にもいろいろとってみたが、拡大すると画面にものすごくゴミが写っているのがわかる。
これって、CCDについてるゴミ?
そう思って普通のレンズで撮った写真をみたが、ゴミはみつからなかった。つまり、CCDにはゴミがいっぱいついてるけど、普段の撮影ではわからない、ってことだ。オソロシイ。

まあ、思ったほど面白い写真が撮れたわけじゃないけど、かねてから実験したかったデジタルピンホールカメラの実験ができたので、とりあえず満足した。



【2009.08.04 Tuesday 00:11】 author : bishop385 | レンズ | comments(0) | trackbacks(0) | -
レンズ付きフィルムのレンズを一眼デジに
最初はピンホールレンズを使ってデジ一眼で撮影しようとおもったのだけど、途中で変更して、レンズ付きフィルムのレンズを使って作ろうと決意。

で、レンズ付きフィルムを分解してレンズを取り出すところまではやってみた。

レンズ付きフィルムを分解

レンズ付きフィルムのレンズ

ここまではOK。
これを、ボディキャップにとりつければそれでOKと軽く考えていた。

ボディキャップとレンズ

ところが、どの距離でも焦点があうピンホールのような気軽さで作ったつもりが、意外なところに落とし穴が。レンズなので焦点距離があるのだ。あたり前と言えば当たり前。
ちなみに、と思って、結像する感じをみてみようと思ってレンズがつくる蛍光灯の像を紙に写してみると、キャノンのEFレンズがつくる像とレンズの距離の半分くらいしかない。
ああ、これでは、ピントが会うように調整するには、ミラーの前までレンズをもっていかないといけないし、ミラーアップの時にあたってしまう。

ということで、レンズ付きフィルムのレンズを使うのは再検討。

新しい自作レンズの開発はさらに延長された。

【2009.07.19 Sunday 11:08】 author : | レンズ | comments(0) | trackbacks(0) | -
写るんですのレンズをデジ一眼に
ほんとは、ピンホールカメラをしたかったんだけど、「あ」と思って、写るんですのレンズをつけたらどうかと思って作業を始めた。

とはいっても、カメラを分解してレンズを取り出しただけ。使い切ったレンズ付きフィルムだけど、フラッシュがまだ焚けるかな?と思って充電してたもんだから、分解中に「ビリ」っときた。
電池をはずしてもチャージ維持ってのはほんとだったんだ。マネする人注意してください。どうも300Vくらいになってるそうです。

EOS10Dのボディのキャップを棚の奥のほうにしまってあったカメラボディの空箱の中から探し出してきて準備OK。でも、今日はここで力つきた。

ああ、この前の自動回転運台も途中だし、レポートもあげてないのに、なんだかあれこれやっては放りだしてる感じだ。いかんいかん。
【2009.07.07 Tuesday 21:39】 author : | レンズ | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP