LOMILWA - ロミルワ

よくわからなくても3歩先まで見渡そう。
光学機器を面白く使うための考察と実験の記録。
<< 日食の準備 | main | ピンホールカメラ >>
日食
日食の日。

昨日はものすごい大雨だったのだけれども、朝かは少し日も差す程度の天気になって、なんとか観測はできそうだった。

かけはじめ
かなりかけました

子どもが学校に俳句教室に出かけて、そのまま校庭で日食観察するというのでそれにあわせて校庭で観測することにした。

写真で撮影するくらいでいいだろうと思っていたのだが、やはり、朝になって、急遽、観測箱をつくることにした。
コーラの缶をつかってピンホールをつくり、アマゾンの空き箱を2つ連結してつくった。これくらいの長さがあれば、少しは大きく見えるだろう。
ピンホール
観測箱

かけはじめのころは結構雲が切れていたのだけれども、食が進むにつれてどうも雲が厚くなってきた。雲のせいで減光されたので、普通の遮光板では見ることができず、遮光板を手にまっていた子供たちは少々あきてきた感じだ。
そこに、観測箱をもっていったものだから、一瞬行列ができるほどの人気を博して、ちょっと嬉しくもなっていたが、光が弱いと観測箱でも、くっきり見えない。
観測箱の中

さて、肝心の写真のほうは、雲による減光のおかげで、300mmだとフィルターなしでも撮影可能なほどだった。135mmではND400をつけて撮影。
しかし、雲が厚くなっtり薄くなったりするので、なかなか露出調整が難しい。
雲が。。。
最大のころ

ND400を通してみると、普通なら太陽はまぶしすぎるのだが、今日くらい減光しているとちょうどよく見えた。
ふと、気づくとフィルタに反射した太陽もなかなかよくみえる。
フィルタに反射
反射した日食

まあ、子どものころから日食の観測にはあこがれてきたが、結構楽しめたかな?

【2009.07.22 Wednesday 12:44】 author : | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://blog.lomilwa.net/trackback/29
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP