LOMILWA - ロミルワ

よくわからなくても3歩先まで見渡そう。
光学機器を面白く使うための考察と実験の記録。
写るんですのレンズをデジ一眼に
ほんとは、ピンホールカメラをしたかったんだけど、「あ」と思って、写るんですのレンズをつけたらどうかと思って作業を始めた。

とはいっても、カメラを分解してレンズを取り出しただけ。使い切ったレンズ付きフィルムだけど、フラッシュがまだ焚けるかな?と思って充電してたもんだから、分解中に「ビリ」っときた。
電池をはずしてもチャージ維持ってのはほんとだったんだ。マネする人注意してください。どうも300Vくらいになってるそうです。

EOS10Dのボディのキャップを棚の奥のほうにしまってあったカメラボディの空箱の中から探し出してきて準備OK。でも、今日はここで力つきた。

ああ、この前の自動回転運台も途中だし、レポートもあげてないのに、なんだかあれこれやっては放りだしてる感じだ。いかんいかん。
【2009.07.07 Tuesday 21:39】 author : | レンズ | comments(0) | trackbacks(0) | -
パノラマに挑戦
動画をスリット写真に変換できるから、電車のようなものだけでなく、雲台を回転させてとったパノラマ写真も生成できるだろう。

電車のスリット写真のほうはなかなか難しそうなのだけども、パノラマ写真なら需要もあるだろうと思って、もう1つの使い道であるパノラマ撮影に挑戦してみた。

雲台は自作。
実にちゃちなものだが、とりあえず実験撮影なので、これでいいだろう、という程度のもの。というか「大丈夫か?」といいたくなるようなデキ。
この作成工程はまた別途お伝えします。

さて撮影して加工してみるとこんなカンジ
パノラマテスト
(クリックで拡大)

マブチの130モーターをギア比5400:1で減速してもまだ早かった。
上の写真はHD撮影したものなのだが、高速度撮影もしてみた。
いろいろと問題がわかった。

問題点
1)HD撮影では1秒に30フレームなので、もっとギア比を落としてゆっくり回転させないと横解像度がとれない。
2)高速撮影の場合、止まった画角で撮影する電車のスリット写真と違って、特に屋外では、光の向きが変わる。そのため、撮影中に露出が帰らられない高速撮影の場合は360度をすべて適正露出でとるのが難しい。

いずれにせよ、もっと引きのとれるレンズがいるなー。

【2009.06.28 Sunday 17:49】 author : | ソフトスリットカメラ | comments(0) | trackbacks(0) | -
ジオラマをとってみた
高校時代からの友人が趣味でつくっているジオラマを撮影してみた。
というのも、その昔買ったフィルタみたいなクローズアップレンズをもっているのを思い出して「ああ、つかないかなー」と思ったからだ。

ジオラマ撮影3
ジオラマ撮影2
ジオラマ撮影1

撮ってみるとなんだかいい感じだ。
フィルター径があうのがEX-F1だけだったのだけど、10Dの72mmのフィルターの前に手で押さえながら撮影してみても大丈夫だった。ズームしているので指で押さえていてもケラレはでなかったのだけれども、マクロ撮影をマニュアルでするので、右手はカメラを支えながらシャッター、左手は人差し指と中指でクローズアップレンズをUVフィルターに押さえつけながら、親指でピントリングを回すというなんとも不気味な撮影スタイルだったので、どうしてもピンがあまくなっていた。

しかし、この撮影、なんだかかなり面白いぞ。
【2009.06.23 Tuesday 00:03】 author : | ジオラマ撮影 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ひろでん
メールのやりとりとかアプリの修正とかして、自分の中でちょっともりあがってきたので、打ち合わせにいくついでにカメラを持ち出して、路面電車を撮影してきた。短いのでなんともだし、クルマが前を横切るので、これまたなんともだけど、まだまだテストってことで。

























電停(電車の停車場)のすぐ近くだったので電車が加速しているので前のほうと後ろのほうで縮尺がちがってる。これも改善ポイント。
前後を走るデフォルメされた自動車は無視しねネ。

【2009.05.29 Friday 20:18】 author : | ソフトスリットカメラ | comments(0) | trackbacks(0) | -
スリットカメラ鉄道写真館とかけやま写真館
仕事がたつ続けに入って、なかなか作業が進まなかったのだけども、とりあえず取得したスリットカメラ写真をフルサイズで保存するようにした。
そこで、ちょっと詳しい人に見てもらおうと思って、「スリットカメラ鉄道写真館」というサイトの管理人さんにメールを出してみた。

「スリットカメラ鉄道写真館」は、スリットカメラで撮った鉄道写真のサイトで、以前から参考にさせていただいていたとサイトだ。
「スリットカメラ」で検索するといつもトップに表示される。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~slitcamera/

とりあえず研究しているので、意見交換しましょうとメッセージを送ったら、お返事をいただいた。
そこで、「かけやま写真館」というサイトのかけやまさんをご紹介いただいた。
http://homepage2.nifty.com/kakeyama/
おふたかたとも、たくさんスリットカメラ写真を撮影されていて、デジタルスリットカメラのことについても、何度か意見を交わしたことがあるそうだ。

それで、かけやまさんにも連絡をとってみた。
かけやまさんは、デジタルビデオを使って短冊形の画像を貼り合わせることでスリットカメラ写真をデジタルで疑似合成されていた。サイトをのぞくと、新幹線などかなり解像度高く作成されていてびっくりした。

かけやまさんにこちらの状況を説明すると、アプリケーションの試用を行ってくださるということで、ソフトをおくってみた。
どういう評価が帰ってくるか、楽しみのような怖いような、カンジである。

【2009.05.29 Friday 20:02】 author : | ソフトスリットカメラ | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP